« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010-06-23

雨雨雨

大雨です。

梅雨なのでしかたがないのです。

しかし、豪雨なのです。

川は増水して怖いし、あちこち土砂崩れがおきています。
心配です・・・

被害のないことを祈るばかりです。

2010-06-15

熊川哲也 Kバレエカンパニー「眠れる森の美女」 鹿児島公演

素敵な一日でした。

眠れる森の美女は、オーロラ姫が誕生した時に招待されなかった悪い魔女の呪いで
「姫は16才で死ぬであろう。」という呪いをリラの精が長い眠りにつくだけ、として
物語が始まる。

この間約1時間、熊川さん(王子)は出てこない。

でも、ダンサーたちのずばらしさ。衣装のすばらしさ。舞台のすばらしさ。音楽のすばらしさ。どれをとってもすばらしいの言葉の舞台。

わくわくしながら1幕を終わる。

2幕で熊川さんが現れると、拍手がわきあがります。
開演から約1時間、物語上では100年間の時間が流れています。

とにかくかっこいいい~~~

オペラグラスでみると、いつもながらあまりお化粧は濃くない。
しかし、かっこいい。。

リラの精が王子に幻を見せて

オーロラの美しさを知り、悪い魔女と戦い、王子はお城を目指すのです。

3幕では、いきなり結婚式なの。
2幕でいろいろあるんだよね~

で、3幕はお祝いの踊りがまた華やかですばらしかった。

私と長女のお気に入りが

副 智美さんが躍った白い猫。
これって顔が見えないのよ。猫のマスクで。。。
顔がみたい~って思うくらい素敵な踊り。

楽しい踊りが続き、オーロラ姫とフロリムント王子の踊りが始まる。

うっとりとしてしまう。

観客をひきつけるこの雰囲気の中、演技者の背中は汗でぐっしょり。
バレエはスポーツです。
難しい技を涼しい顔で、なんなくやってのけるところがまたすごい。

そんなあっという間の時間。

久しぶりにあう友人達としばらく話、お迎えを頼んでいる夫を裏口で待ってました。
雨が降っていて、長女とまだかまぁ~って思っていた時

スタッフの方がす~っとやってきて裏口のドアを全開。私の感が少し
「もしかして・・・」と思う。

しばらくして しずかにやってきたその人は!!

熊川さんnote

と確認しても体が動かない。
すぐそこにいるのに!!

とっさに

「熊川さ~ん さようなら!!」というのが必至

一瞬顔を少しこちらへむけて会釈してくださいました。
そのままタクシーに乗り込みました。

裏口にいたのはホンの数人。
まだ信じられない気持ちでいっぱい。

いつもは楽屋裏口から出て行かれるけど(で待ちした経験から)
雨が降っていたし、私たちも雨が降るから出待ちやめたし。
偶然が偶然を呼んだ出来事でした。

今日は青森で公演です。

熊川さん、ダンサーさん、スタッフさん、皆様、体に気をつけて、残りの舞台頑張ってくださいね。

素敵な舞台をありがとうございました。

2010-06-10

今週末から雨になり、梅雨いりかなぁ~

梅雨はいやだけど、はやくこの灰を流してもらいたい!と思っていました。

昨日の夕方降り始めた雨は結構降って、すべての灰を流すにはまだまだだけど、なんだかしっとりしました。

夜にはやんで、今日はいいお天気で。

今週末から、いよいよ梅雨かもしれないけど。

降灰の厳しい鹿児島にとっては、雨が必要。

洗車したばっかりで、泣きたくなるけどね~

2010-06-08

おとこのひとは みんななかま?

行きつけの豆やのご主人は私の夫の行動になぜか同感することが多い。

私にとっては摩訶不思議な男心というやつ?

今私の夫は3年くらい車の乗り換えに悩んでいる。

なやんで悩んで車検を受け、また2年間悩むつもりみたいだ。
私としては、エコカー減税のあるうちに、と思うのだけど

あの車がいいんじゃない?っていうと
やれ、ここだどうだ。やれ、あ~だこ~だ。

と文句ばかり・・・車種が決まらない・・・
もちろん、乗りたい車がないのならしかたがないのだけど・・・

そんな愚痴など、豆やのご主人に話す。
毎回「わかるなぁ~」って終わり。

そんなこんなで、まぁそんなもんかな、って思って帰宅する。

明日のコーヒーは上手に淹れられるかな~

2010-06-07

嵐に夢中

長女の話ね

長女が小4くらいの時に、お友達から松本潤君の画像をもらったのがきっかけ?か
嵐のファンになりました。

もう今嵐の勢いは凄いですよね。

昨年ファンクラブにも入り、鹿児島公演を心待ちにしておりますが、福岡とまり・・・
しかたがないかな・・・
まぁ、気長に待っています。

さて、姉の影響で次女もまつじゅんファン。

でも~母の気持ちは・・・

弟にしかみれない。(この場合の弟とは私の弟である)

私の弟はジャニーズ系で、関東に住んでいたら絶対ジャニーズに応募していた(私が)ハズ

嵐の10年前のデビュー画像をみると、ほんとにわが弟に似ているのです。
まぁ弟も年齢を重ね、おじさんになったので、最近はそんなでもないけど
デビュー当時を見るとそっくり。。と毎回思ってしまいます。

で、長女も

「似てるねぇ~」と言うのですが

やっぱりまつじゅんかっこいい!!と嵐の番組を録画しては見ています。
歌も完璧に覚え、次女もしっかり歌えます。

で、そんな環境にいると親も

「コンサートいってみたいわぇ~」となってきて

来年のコンサート、福岡でも行ってみようかなと

まぁ チケットがとれたら、の話です。

ファンクラブに入っていてもとれないらしいですね。

私が行ったコンサートでは、中島美嘉ちゃんとか聖子ちゃんとかきょんきょんとか中山美穂ちゃんとかドリカムとか・・
振り返ると女性シンガーのコンサートが多かった。
男性芸能人にはあまりはまってなかったような・・・

でも、尾崎豊さんが亡くなった年のコンサートは友達がチケットをとってくれて行ったのですが9時過ぎても終わらない、客席近くまで走ってくる!とかなり盛り上がったコンサートで思い出になっています。
それから少しして亡くなって、、、かなりショックでしたね。

日常から離れられるコンサート アーティストの方は大変だと思いますが、ほんとにたまに行きたくなります。

12日は熊川哲也さんに会いに行きますね!
チケットお高いので長女と二人で行ってきま~すheart01

2010-06-03

卓球少女

卓球を始めて10カ月。先月の大会で初1回戦突破を果たした長女。

2学年として、後輩も迎え日々部活に頑張っています。

そんな彼女が、何日か前の夕食時

「ねぇ。笑わないで聞いてくれる?」と真顔で話しはじめます。

「なになに???」 と、笑う気十分の両親(私たち)

「今朝、目が覚めたら ラケットになってたの」

「・・・・」

「で、卓球台の上に置かれてて、それを〇ちゃんがもってぶんぶんふって。〇ちゃんと試合始めて スマッシュして鼻がまっかになっていたかったの。」

「で??」

「だれかが話しかけて〇ちゃんがラケット落したんだよ!!!すっごい痛くて・・・で、拾って卓球台に置いたんだけど」

「で???」

「目が覚めた。涙がいっぱいでてた。」

夢の中で卓球のラケットになり、痛くて涙を流していたらめが覚めた らしい。

「ちゃんと卓球台にもどしてくれてよかったね」 父

「体は?どんなふうになってたの??顔だけラケット???手と足は???」 母

そんなやりとりの夜でした。

まぁ、卓球楽しんでるし、彼女の新しいユニフォームが気になる母でした。

2010-06-01

まんまるお月さま

2.3日前のお話です。

長女はお日様とともに起床したいタイプで、ブラインドを上げたまま寝ます。

そんな彼女が

「まま~お月さまがお部屋に入ってきてて明るくて眠れない~」 半分寝ぼけてます・・・

はい?????

と思って長女の部屋に行ってみると

まんまるおつきさまが!!!

満月の明るい光が部屋を照らしています。

「ブラインドおろそうか?」って言っても「いやだぁ~」と寝てしまいました。

きれいなお月さまでした。

フォトアルバム

更新ブログ

鹿児島の美味しいお漬物やさん

アンケートに答えてポイントゲット☆

パソコンが上達したいあなたへ

フラッシュ