« 2006年1月 | メイン | 2006年3月 »

2006-02-28

成長

次女は幼稚園入園を前に急に私にひっつき虫になりました。今の今まで平気で離れていたのに・・幼稚園にも私と一緒じゃないと行かない、と言う始末・・・

そんな中、プールもそろそろ親子クラスじゃなく、幼児コースに上がる時期。先々週急に

「ひとりでする」と言うので一人でプールへ。楽しく過ごしました。しかし先週

「ママとする」と泣く。先週できたじゃない?どうして?

「ママがいい」と泣く。私はちょっと突き放してみよう、と「頑張って、一人ではいってみよう」と連れて行く。先生はもう幼児クラスでしませんか?と言ってきたけど

「すいません、今日は気分が乗らないらしいんです。。」と親子クラスの皆さんのところで泳ぐ。迷惑な親子ですが、先生、いつも柔軟な対応してくれるので有難いです。

甘い、と言われるかもしれないけど、甘えたい時期って大切だと思っています。長女は初めての子で厳しく育ててしまい、いまだに甘えん坊。やっぱり甘える時期にはたっぷり甘えないと引きずるんだなぁ~と実感。

さて、今週はどうするんだ・・と思っていたら

「あしたはママとやって、ようちえんにいったら、たいがくんとする」

訳しますと・・・幼稚園に入るまでは私と(親子クラス)泳ぎたい。幼稚園に入ったら幼児コースに上がる。という事らしい。

そうか~ちゃんと考えてるんだね。実は私の方が親子で続けたい、と思っていたりしてました。でも、娘が出来る事が増えてきたので、幼児コースに入れたほうがいいのかなぁ~と・・私の迷いを感じ取っていたのかな?と思います。

私の成長も少しづつ・・って感じのこの頃です。

2006-02-27

母の災難・・・

両親の家のお隣が新築することになった。で、棟上の日、お隣なので当然餅は降ってくる。母は怪我のないようにお年寄り達をうちの敷地に入れていたそうだ。

当然、人だかりなので通りすがりの知らない人も入ってくるわけで、開始直前、知らないご婦人が孫4人を連れてうちの敷地に入ってきた。

そしてすぐ餅投げ開始。

悲劇は起きた。

四隅に投げる大きな餅。当然角は母の家なのだが、母が拾おうとした瞬間、そのご婦人がすごい勢いでやってきて餅を奪っていったそうな・・・

母の手を踏んで・・・

ものすごい剣幕でかなり拾って、さっさといなくなったらしい、当然、誰だかわからない。

踏まれたその右手は、かなり痛くて一晩冷やしたが痛みはひかず、今朝用事があって私のうちにきて見せたその手は小指が紫色に腫れあがってました。曲がらないし・・

「か~さん、たぶん折れてると思うよ、それ・・」

私がそういうと「痛かったもんなぁ~」と母。のんびりなのはいいんだけど、ちょっとは危機感も持ってほしいお方。

すぐ病院に行こうと思ったけど、月曜の午前中は患者さん多そうだし、用事済ませてから行こう、と午後から病院へ。

レントゲンとって、診察室に呼ばれて開口一言

「高い餅投げになりましたなぁ~」とせんせい・・・

「きれいに折れてますよ、小指のここね、ギブスしますね、3~4週間はギブスね、その後リハビリがありますので・・・」と淡々と語るその横で、

「それなに?なんでまくの?どうしてきるの?ねぇ~~」

と、次女は話しかけっぱなし・・・

「ちょっと、静かにしないと注射してもらうよ」「しないよ~」「するんだよ」・・・・顔見知りのせんせい、看護士さんが笑ってる・・・

私が一番うるさかったかもしれない。。。

キレイにひっつくといいなぁ、右手だし不便だし、早く治って欲しい。

踏んだおばさん、母がいたい!って言っても何にも反応無しだったって。孫が見てますよ、その行動。

2006-02-26

彼のスペース

Yutaka 夫、待望のエスプレッソマシーンが来た。

この写真はうちでの彼のスペースです。

解りにくいけど、右から、生ハム等と切る為のスライサー。真ん中が今日届いたエスプレッソマシーン(全自動、豆弾きから抽出まで)その隣が、今まで愛用のパボーニ(手動式エスプレッソマシーン)その奥にはミルが2台隠れてます。

ずっと前から欲しかったブツだけど、かなり大きいので私が反対していましたが、今回アマゾンの限定スペシャルでかなり安かったらしく、購入したらしい。

事後報告だったしっ!!

ホントはまだコンパクトなのが欲しかったみたいだけどね。

早速淹れてくれた珈琲(カプチーノ)は美味しかったです。

持久走大会

土曜日、風は強いもののお天気で暖かく、持久走大会観戦にはまぁまぁのお天気。

病み上がりの次女を連れて、喉が痛くなりはじめた私でしたが、行ってきました「持久走大会」

長女は持久走は苦手なタイプですが、去年は前日にインフルエンザに感染し、診察室で「持久走大会にでれない~」と泣いたのでした・・やっぱり、イベントに参加できないってのは小学生にとってはつらいものなのですね。

なので、今年は絶対参加するんだ~と張り切ってました。そのため川辺磨崖仏マラソンにも参加したし・・

まぁ、上位入賞は期待しないで、頑張って完走できることを祈る母でございました。

さて、結果は、79名中32位(男女混合です)まだ女子で何番かはわかりませんが、目標30位だったのでまぁまぁな成績。学校を3周するんですけど、3週目にはバテバテでした。

私は長距離大嫌いだったから、長女の頑張りはうれしいです。

いつも上位入賞の子のお母様達と話すと、緊張して朝食食べられないとか夕べから眠れないとか子供なりにピキピキきてるらしく、フォローが大変そうでした。まぁ30位が目標の娘はそんな緊張はなく、いつもの朝でしたけど・・・

来年も「走るのいや~」ではなく「目標25位!」とか言ってくれると私はうれしいかなぁ~

2006-02-24

金色

荒川選手、良かったですね☆金メダル☆

今の採点法は昔と違ってわかりにくいですが(5.5 5.7 6.0とか6点法の頃は読み上げられる瞬間が好きでした)

皆さんレベル4を目指して頑張ってましたね。

演技の前から出来る、出来ない(高得点が取れるか否か)で選手の皆さんの努力がひしひし伝わるオリンピックでした。

荒川さんは「無欲の勝利」と言っていたけど

私はこの「無欲」になりにくい。どうしても何か欲してしまう。例えば、娘の作文が入選しないかな~とか思いながら作文を書かせてしまう。絵を書いても、もっとこうしたらいいのに、と思って口に出してしまう。これはやっぱりしてはいけない。

「無欲の勝利」を心がけたい、と思った朝だった。

2006-02-23

頼りになる・・・

昨日は三回目の次女準備入園。前回迄は先生と一対一での活動でしたが、昨日は教室に入ってお友達との関り。

現在、恥ずかしい病の次女は、一人では教室に入れない。私も一緒に教室へ。他の準備入園の二人は一人でもしっかり遊んでる。うちの子は私の側から離れず、しかし遊びたい気持ちはいっぱい・・

皆が集まって先生がお話を始めたころ、それまで一人で平気だった女の子が「ママ~」と泣き始めた。そうよね、我慢して頑張ってるんだもん。私がいるから寂しくなって当たり前。そのこのママさんに「ごめんね」と目で謝る・・申し訳ない・・・

教室の間はべったり・・・でも、外での活動になったらなんとか私から離れてお友達と遊びだした。やっとお母様方と話す。入園式はどんな格好ですか?と初めてのお母様は不安そうだ。

「もちろん、着物よ~」「えぇぇ~~~」と意地悪を言ってみたり・・・楽しい会話の間も転んで泣いては私の所へ・・・その後の体操もしない・・・私の服をつかんで動かない(T-T)普段とは別人のうちの子。幼稚園大丈夫か??と不安になるものの、まぁ通いだしたらなんとかなるでしょう。と、前向きな私。

4月から幼稚園費もかかるわけで・・がんばれ夫!なんだけど、こないだこれからの教育費のことを真剣に話していて、夫が

「奨学金もらえるように、しっかり勉強してもらわないと」(長女に対して)

「あっ、○○ちゃんもね」(次女に対して)

すると

「あんたもね!」と、次女・・・

その、態度で幼稚園にも行ってください(あっ、お友達には優しくね♪)

バンペイユ

Dsc01697 キティちゃんの身長、約5センチ。

ぼんたんより、おっきい♪ 

2006-02-22

夫の悩みって??

月曜日、知り合いが新しく天文館に和食のお店「板前心ういち」を開店。夫も開店日にお祝いに駆けつける。

このお店の事は後日ゆっくりお知らせします。

さて、夫は美味しいお食事が済んで、二次会へ向う。一緒に行ったお友達が「占いする」と言うので付き合ったらしい。(天文館の路上の手相占い)その方はご夫婦の事を聞いていたらしい。うちと同じ9才差ご夫婦だそうだ。

で、

「僕も占ってもらったよ」

え?なにか悩みが?

「何占ってもらったの?」「いや~心配ないらしいよ」「はい??」

はっきり言わない。妻に不満があるとかないとか言ったのか??

「あ、奥さんはしっかりしてますね、しっかりしすぎって言われたよ」

え?しすぎって??なに?

夫の悩みはなんだろう・・・気になる妻であった・・・

2006-02-21

麦の花さんパイ

朝、メールを頂いた。麦の花さんから。次女の様子と本日の事をお知らせ。

しばらくして、電話を頂いた。

「おうちにいますか?」「はい」「今から行きますね」「え?」

「アップルパイを焼いたので、持っていきますね」

朝から優しい声の麦の花さんは、しばらくしてやってきた。そわかんぼ君はぐっすり眠ってる。

姉が帰ってきてから食べようね、と待ちきれない・・・次女は表面のパイ生地をつまみ食い。まぁ、なんとか原形を保ってます。

Photo_8

もうすぐ、長女の帰宅。

さぁ、頂く事にしましょ~

ありがとう、麦の花さん♪感謝♪

2006-02-20

自然治癒力

日曜の昼過ぎ、次女が「さむい」と言って急にぐったり。自分から布団に入り寝た・・

これは、熱だな。と思ったら案の定38度。しばらく様子を見てると私達がご飯を食べる様子をじっと見つめる。

「ご飯食べる?」「うん」

次女用におにぎりを作ると夫・長女も群がる。おいおい・・・今かき揚げ丼たべたばっかりの人たちなのに・・

抱っこしてた夫が「熱いぞ」と測ると39度。布団に戻し様子を見るけど、水分もやっと取れる感じ、しゃべらない・・・こりゃ病院かな、と日曜診察院を調べ夫と走る。

「インフルエンザぽいですが、熱の出始めは検査出来ませんから明日またきてください」と言われ解熱の座薬と飲み薬をもらい帰る。薬はまったく飲まない娘だけどチャレンジ、やっぱり飲まない・・座薬を使い様子を見る。熱さましはほとんど使わないけれど、今回は水分が取れないので使用。少し下がって気分が良くなったところでご飯と水分。着替え。気分がよくなり夫に抱かれ姉と遊んでたら、吐いた・・・あ~もうお布団に入ろうね、と夫と布団へ。即寝たらしい。

私は寝る準備をして(洗面器・捨ててもいいタオル・ストロー付水筒・体温計)二階に。うなされて「おね~ちゃんは~もぉぉぉ~」とか言ってる・・キツイなぁ。。下がるといいなぁ。。

ぐっすり寝たせいか、インフルじゃなかったのか

早朝、すっかり熱は下がり起きようとする次女。なんとか寝かしつけて8時半に目覚める。「起きたい」って言うので起きる。ふと、布団の横の洗面器に気が付き

「なんで、ばけつがあるのよ!」「げーが出たときにね、使うからね」と言うと、かなりお怒りのご様子で

「もお!ごはんはだしません!!!」

復活のようです。

一応病院(かかりつけ院)にも行き検査。インフルエンザでもなく、ホッとしました。いつもの気管支炎の発熱でした。ご心配おかけしました。熱が出るのも急ですが、復活もはやい次女です。熱が下がりいつものテンションになると、熱が出て静かな時がいいなぁ~と思っちゃう・・・

え???い~え!元気が一番です!薬は一切飲まないので、後は自然治癒力が頼り、普段の蓄積された栄養で、どうぞ回復してください。って感じです。

フォトアルバム

更新ブログ

鹿児島の美味しいお漬物やさん

アンケートに答えてポイントゲット☆

パソコンが上達したいあなたへ

フラッシュ